DeNA 中後悠平(なかうしろゆうへい)ダイヤモンドバックス獲りへ

大リーグ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンを自由契約となった中後悠平投手(28)の獲得へ日本の横浜DeNAベイスターズが乗り出していることが22日、分かった。

  • 中後悠平とは?
  • なぜサイドスロー
  • なぜ大リーグ
  • なぜ横浜DeNAベイスターズは欲しいのか?

◆中後 悠平(なかうしろ ゆうへい、1989年9月17日 は、

大阪府泉南郡熊取町出身のプロ野球選手(投手)。

左投げ左打ち。

MLBアリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下の球団に所属。



◆経歴

  • 出身地
    大阪府泉南郡熊取町
  • 生年月日
    1989年9月17日
    28歳
  • 身長
    182.9 cm
  • 体重
    72.6 kg

熊取ベアーズ―熊取北中学―近代新宮高校―千葉ロッテマリーンズ―武蔵ヒートベアーズ―アリゾナ・ダイヤモンドバックス(マイナー)

小学5年時に父が監督を務める少年野球チーム「熊取ベアーズ」に双子の兄とともに入団し、本格的に野球を始める。

熊取北中学校時は貝塚シニアに所属し、3年時からサイドスローに挑戦。

理由は「何も特徴がないのでサイドに変えろといわれて」転向。

地元大阪を離れ、父の出身地である和歌山県新宮市の近大新宮高校に兄とともに進学。

スポーツ進学コースの第1期生であり創部されたばかりの野球部の1期生であったが、2年夏からベンチ入り。

3年時は和歌山大会準々決勝で敗れた。

高校卒業後は近畿大学に進学

2年次の春には10試合中9試合に登板し3勝0敗、防御率1.47の好投で大会MVPを受賞。
近畿大学の2季ぶりの優勝に大きく貢献した。

関西学生リーグでは50試合に登板し、通算成績19勝13敗、260奪三振、防御率1.48。
日本学生野球協会・第44回「大学の部」にて表彰選手に選ばれた。



◆ロッテ時代

2011年のNPBドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名。

契約金8,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)
という条件で入団した。

入団当初の背番号は16。

前半戦の活躍で年俸1,650万円(金額は推定)に

2013年

故障で二軍生活を送る。

埼玉西武ライオンズから涌井秀章投手が移籍。
涌井が西武入団時の背番号でもある16を付けることを希望したため、背番号を13に変更となる。

2014年には、
一軍公式戦5試合に登板。通算4イニングで1敗を喫した。
イースタン・リーグ公式戦でも、防御率4.27に終わった。

2015年には、入団以来初めて一軍公式戦への登板機会がなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。

通算成績
37試合に登板し2勝2敗 6ホールド 防御率5.68

◆BCリーグ・武蔵時代

2015年11月10日に、12球団合同トライアウト(草薙球場)へ参加するもオファーはなし。

同年12月17日には、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の武蔵ヒートベアーズへ入団することが発表された。

◆ダイヤモンドバックス傘下時代

2016年3月1日にダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンが中後悠平投手をリリースしたとマイナーリーグの公式サイトで発表された。

ロッテ戦力外から渡米3年目

その後、ダイヤモンドバックスからのオファーを受けて、2016年から渡米。同年は一気に3Aまで昇格し、13試合連続無失点を記録するなど活躍したが、チーム方針などもあってメジャー昇格はならなかった。

2017年は2Aと3Aでプレーし、計50試合登板で1勝2敗、防御率2.53。

しかし、今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29と苦戦。34イニングを投げて、36奪三振16四球だった。

なぜ横浜DeNAベイスターズは欲しいのか?

昨年からオファーを出しており、左投手のワンポイントリリーフ投手を探していると思われる。

日本で野球が出来るなら帰えってくる可能性高いと思います。

また、中後(なかうしろ)の読み方ですが、多くの呼称は「ちゅうご」と読みます。

「なかうしろ」と読むのは1軒だけと伝えられています。

どうりで初めて聞く名前と思いました。

中後選手、頑張ってほしいですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました