尾畠春夫(おばたはるお)の信念がすごい!

未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

山口県周防大島町で、今月12日から行方不明になっていた2歳の男の子藤本理稀ちゃんが無事発見されました。

今回この保護に当たったのは警察ではなく大分県70代のボランティアの尾畠春夫(おばた はるお)さん

この尾畠春夫さんについてググってみたいと思います。





スポンサーリンク

12日朝、ボランティアの男性が発見

 

大分県から捜索に来た70代の男性:

「(Q.お住まいは?)大分県です」

「(Q.何故、大島に?)理稀くんを探しに来たんです。幼い子どもの命を助けてあげたいと思って」

「(Q.大分県からわざわざ?)わざわざじゃないですよ。日本人だから。言葉が通じるから私は日本中どこでも行きます」

朝日新聞デジタルほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。

山口県周防(すおう)大島町で12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)=同県防府市=が15日午前6時半ごろ、同町家房の曽祖父宅付近から数百メートル北東の山中で発見、保護された。

県警によると、理稀ちゃんは脱水症状がみられるが、目立った外傷はみられず、受け答えもできているという。

県警によると、ボランティアで捜索に加わっていた大分県の70代の男性が、理稀ちゃんの名前を連呼しながら山中を分け入っていくと

「ぼく、ここー」

と返事があった。理稀ちゃんは沢の近くでしゃがんでいたといい、男性があめ玉をあげると、かみ砕くように食べたという。

男性は理稀ちゃんを持参していたバスタオルにくるんで山を下り、途中で警察官と合流して、曽祖父宅に送り届けた。

理稀ちゃんは母親(37)や祖母らと面会し、受け答えもできていたという。

その後、山口県柳井市内の病院に搬送され、診察を受けている。

理稀ちゃんは12日午前10時半ごろ、祖父(66)と兄(3)と歩いて約400メートル離れた海岸に海水浴に向かったが、家を出て100メートルほどのところで、

「帰る」

などと言って、1人で家に戻ろうとしたという。

祖父は理稀ちゃんが曽祖父宅の近くまで歩く姿を見ていたが、その後に家を出た母親と他の子ども2人は理稀ちゃんと会わず、行方がわからなくなっていた。

県警や消防などは12日から捜索を継続。150人態勢で曽祖父宅の周辺を中心に、側溝や斜面の下、井戸や空き家などを捜していた。



スポンサーリンク

話題の70代の男性ボランティアとは?

この70代の男性ボランティアとは一体誰なのでしょうか?

Twitter上には以下のような情報が記載されております。

山口県男児行方不明の捜索ボランティア尾畠春夫さんすごくね
聖人すぎる pic.twitter.com/LgRQayV2py
— 気高き御国のいしきダメロン いざ行かん (@sukezo) 2018年8月15日

どうやら、ボランティアの男性は大分県日出町に住む尾畠春夫(おばた はるお)さんという方で、被災地や捜索現場などでは有名で知るひと人ぞ知るボランティアさんです。



スポンサーリンク

尾畠春夫さんについて

  • 名前:尾畠春夫(おばた はるお)
  • 年齢:79歳
  • 在住:大分県日出町
  • 職業:災害ボランティア

尾畠さんは大分県日出町在住のボランティアの男性であり、昭和14年生まれと報道されています。

今回の事件でも、尾畠さんが入山後20分で見つけてしまったということですが、この尾畠さんはその筋の方からは凄腕のボランティアであるとして、幾度となく日本の被災地などで貢献しているのです。

スポンサーリンク

尾畠さんはボランティアのプロ?

そんな、尾畠さんですが、プロのボランティアであるとして話題となっています。

70代後半でありながらも、現役でボランティアの最前線で戦う姿には感銘を受けますし、何よりこの山口の事件以外にも、数多くの現場で実績を残しています。

2016年12月には、大分県佐伯市宇目の畑で当時2歳児の行方が分からなくなり、約21時間後に無事発見されるという事件がありましたが、この際も活躍したのはボランティアで来ていた地元の尾畠さんだったのです。

尾畠さんは人間の行動を予測し遭難した人を数回救っています。

今回も子供は、山方面に上がりやすいとインタビューで答えており

入山後20分で理稀ちゃんを探し当ててしまいました。

凄いですね。

逆に警察は何をしていたのでしょうか?

「山には行かないだろう」という既成概念が捜査を遅らした模様です。

尾畠さんの行動力にあっぱれです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました