樹木希林の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

樹木希林さん、73年に内田裕也と結婚/略歴


  • 数々の映画、ドラマ、CMで活躍した女優
    樹木希林(きき・きりん)さん
    (本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が
    15日に都内で亡くなったことが16日、分かった。
    75歳だった。



    スポンサーリンク

    ■個人データ

  • 樹木希林(きき・きりん)
  • 本名・内田啓子。
  • 1943年(昭18)1月15日
  • 東京都生まれ。
  • 血液型
    A型
  • 職業
    女優
  • ジャンル
    映画・テレビドラマ
  • 活動期間
    1961年 – 2018年
  • 活動内容
    1961年 – 文学座に入団
  • 配偶者 岸田森(1964年 – 1968年)
  • 内田裕也(1973年 – )
  • 著名な家族
  • 内田也哉子
  • 本木雅弘
  • 内田伽羅




スポンサーリンク

■学歴

市ヶ谷にある千代田女学園(偏差値48)に入学後、

演劇部に在籍し、その傍ら薬剤師を目指していたが、大学受験直前にスキーで足を怪我したため、大学進学を断念する。

1961年

文学座研究生となる。

当時の芸名は悠木千帆。



スポンサーリンク

■経歴

1964年

ドラマ「七人の孫」で演じた東北弁のお手伝い、おとしさんで注目され、

「時間ですよ」などに出演。

俳優の岸田森と結婚するが、1968年に離婚

1974年

TBSで放送されたドラマ『寺内貫太郎一家』で、小林亜星が演じた主役の貫太郎の実母を演じた

沢田研二のポスターを眺めて「ジュリーィィィ!!」と腰を振りながら悶えるシーンが話題となる。

1977年

「樹木希林」に改名。

1973年10月

内田裕也と再婚するが、1年半で別居し、その後別居生活を続けていた。

1981年

内田裕也が無断で離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こし勝訴した。

その後は1年に1回連絡を取り合う程度の関係となる。

2005年1月

乳癌が判明して摘出手術を受けたことを機に連絡は1か月に1回となり、

以降毎年1月は一緒にハワイで過ごすようになった。

内田との間に1人娘の内田也哉子がいる。

2003年1月

網膜剥離で左目を失明したことを2004年1月に発売した長嶋茂雄との対談本『人生の知恵袋』で告白。

2008年

紫綬褒章を受章した。

2013年3月8日

第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。そのスピーチにおいて、全身がんであることを告白。

2018年8月13日

大腿骨を骨折したため同月15日に緊急手術を行った。

2018年9月15日2時45分

東京都渋谷区の自宅で家族に看取られ、死去。

映画代表作は「鶴-つる-」「半落ち」「悪人」「歩いても歩いても」など。



コメント

タイトルとURLをコピーしました