平尾昌晃の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

平尾昌晃
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

平尾昌晃の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

平尾 昌晃
(ひらお まさあき、1937年12月24日 – 2017年7月21日)

日本の作曲家、歌手。

社団法人日本作曲家協会・常務理事、

社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。

出生名は平尾勇。

  • 生誕日
    1937年12月24日
  • 出身地
    東京府東京市
  • 死没
    2017年7月21日(79歳没)
  • 学歴
    慶應義塾高等学校中退
  • 職業
    作曲家 歌手
  • 共同作業者
    ミッキー・カーチス
    山下敬二郎




スポンサーリンク

■経歴・プロフィール

幼少時にたびたび改名し、デビュー初期の芸名である「昌章」を経て、最終的には本名の通り平尾昌晃を芸名としていた。

東京市の牛込(現東京都新宿区)「生まれ」

化粧品業を営む平尾聚泉の孫。クラシックの作曲家で国立音楽大学教授を務めた平尾貴四男は伯父。

小学3年生のとき、自宅に来ていた将校から貰ったジャズのLPを聴き衝撃を覚える。

11歳のとき、のど自慢大会に出場し「奥様お手をどうぞ」を英語で歌い、鐘3つの合格点をもらう。

藤沢市に住み、ジャズ教室に通い、朝丘雪路、水谷良重、ペギー葉山らと知り合う。

スポンサーリンク

■学歴

終戦後、

神奈川県の湘南エリアに転居し、藤沢市の湘南学園(偏差値なし)で小中学時代を送り卒業する。

慶應義塾高等学校(偏差値75)を中退する。



スポンサーリンク

■経歴

その後、ウエスタンの人気バンド、チャック・ワゴン・ボーイズに入る。

1958年には、キングレコードからオリジナルナンバーである「星は何でも知っている」

1960年4月には「ミヨチャン」(ミヨちゃん)を発表し、2曲共に100万枚を売り上げる大ヒットとなった。

1965年2月20日、拳銃不法所持で逮捕される。
ハワイから拳銃を持ち帰り、帰国後「日頃、興行でお世話になっているから」と名古屋と東京の暴力団組長に拳銃をプレゼントしたと報道される。

1965年頃
梓みちよに提供した「渚のセニョリーナ」などがヒット。
「渚のセニョリーナ」では、第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞した。

1968年12月3日

結核を患い健康保険岡谷塩嶺病院への長期間入院による療養を余儀なくされ、肋骨を6本取り除く大手術となる。

1970年代
作詞家の山口洋子とのコンビは、この時代を代表するゴールデン・コンビとして知られている。

1972年

小柳ルミ子に提供した「瀬戸の花嫁」が第3回日本歌謡大賞を受賞する。
1973年

五木ひろしに提供した「夜空」が第15回日本レコード大賞を受賞する。

1974年

平尾昌晃音楽学校(現平尾昌晃ミュージックスクール、HMS)を創立。

同校出身者は狩人、畑中葉子、川島なお美、石野真子、松田聖子、川崎麻世、大沢逸美、森口博子、芳本美代子、笹峰愛、倖田來未、後藤真希、西田あいなど。

歌手としては、生徒の一人である畑中葉子とデュオを組み、「カナダからの手紙」「ヨーロッパでさよなら」などのヒットを出した。

1980年代
人気テレビ番組『熱中時代』での「僕の先生はフィーバー」、「やさしさ紙芝居」、『熱中時代-刑事編』の「カリフォルニア・コネクション」の他、ABC発テレビ朝日系時代劇の『必殺シリーズ』、アニメ『銀河鉄道999』などの音楽を手がける。

2003年

紫綬褒章を受章する。

2004年

三男の平尾勇気が念願の歌手デビューを行う。

2017年7月21日

肺炎のため東京都内の病院で亡くなった。

79歳没。

訃報後の7月23日、2016年に再々婚していたことが明らかとなった。



コメント

タイトルとURLをコピーしました