市原悦子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

市原悦子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

昭和の名女優、市原悦子さんが1月12日心不全でお亡くなりになりました。

盲腸で入院と報道していましたが本当だったのでしょうか?

今回は、その市原悦子さんについてググってみました。



市原悦子さんとは?

市原 悦子
いちはら えつこ

1936年1月24日 -2019年1月13日
82歳。

日本の女優、声優。

ワンダー・プロ所属。

身長160cm、

体重53kg。

夫は舞台演出家の塩見哲。



スポンサーリンク

■略歴

市原 悦子

本名
塩見 悦子
(しおみ えつこ)

生年月日
1936年1月24日

没年月日
2019年1月12日(82歳没)

出生地
千葉県千葉市

身長
160 cm

血液型
A型

職業
女優、声優

ジャンル
舞台、テレビドラマ、映画

活動期間 1957年 – 2019年

活動内容 1957年:俳優座入団

配偶者 塩見哲(1961年 – 2014年)

事務所 ワンダー・プロ




スポンサーリンク

■経歴

千葉県千葉市出身。

千葉市立末広中学校を卒業後、千葉県立千葉高等学校に進学し、演劇部で活動する。

高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修(偏差値60)を経て、俳優座養成所へと進む。

同期の有名人にはジェームス三木、大山のぶ代、冨士眞奈美、義那道夫らがいる。

1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。

同年に新劇新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。

さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。

1971年
俳優座を退団。

1972年
番衆プロを設立。

1975年
始まった『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男と2人のみで長年演じ続けて親しまれた。

1983年
『家政婦は見た!』で四半世紀以上も主役を務め、高視聴率を誇る最大の当たり役となり、土曜ワイド劇場を代表する人気シリーズとなった。

1990年
『黒い雨』の演技で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

その他、2時間ドラマの主演を多くこなし、人気を不動のものにした。

2012年
S状結腸腫瘍手術のため、翌2013年1月に公開予定だった映画『東京家族』をクランクイン前に降板した。

2017年1月13日
自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表。

6月27日
2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションで復帰することが発表されていたが、
11月22日、体調が優れないことを考慮して降板し、西田敏行に変更されたことが明らかになった。

2018年3月21日
放送の『おやすみ日本 眠いいね!』(NHK)で仕事復帰(3月12日収録)。

2019年1月13日に心不全のため死去しました。

御冥福をお祈り致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました