三宅弘城の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演していたNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことが18日、分かりました。

代役に決まった三宅弘城さんとはどんな方でしょうか?

今回はその三宅弘城さんいついてググってみました。

三宅弘城さんとは?


三宅 弘城
みやけ ひろき

1968年 1月14日生まれ
51歳
(2019年3月19日現在)

神奈川県横須賀市出身

身長 165cm

血液型 O型

俳優

芸能事務所
大人計画

石鹸名義でバンド「グループ魂」のドラムを担当

劇団ナイロン100℃に所属



スポンサーリンク

■略歴

1968年1月14日
神奈川県生まれ

ひとりっ子です。

横浜市で生まれましたが、小学校5年生の時に横須賀市に引っ越しています。

2007年11月11日に入籍。

スポンサーリンク

■学歴 ~高校

神奈川県横須賀市立北浦小学校を卒業しています。

運動が大好きで、小学校の低学年までは器械体操を、高学年からは野球に没頭していました。

神奈川県横須賀市立北下浦中学校を卒業しています。

運動が大好きな三宅少年は、中学校ではサッカー部に所属していました。

また、モテたい為に2年生の時にギターを始めています。

しかし、ギターのFコードが出来ずドラムに転じています。

指が短かったのかもしれませんね。

神奈川県 私立の逗子開成高校(偏差値67)を卒業しています。

男子校です。

中高一貫校で大学へ進学する生徒が多い学校です。

当時は、高校からの入学募集がありました。

進学の理由は、体操競技を真剣に行うためです。

小学校の時、器械体操をやってきた三宅少年は高校で再度体操を選択しました。

ただ、中学校から始めた音楽の影響でミュージシャンを目指していました。

当時は

パンクロックが大好きで「ザ・スターリン」や「じゃがたら」などのライブを観に行っていました。



スポンサーリンク

■学歴 ~大学

埼玉県川越市にある私立東京国際大学(偏差値40)を卒業しています。

高校生の時に体操部に所属し、日体大に推薦入学が決まっていましたが東京国際大学に進学しています。

理由は水泳の高飛び込みでの推薦入学だったと答えています。

大学3年生の時には、「劇団健康」の舞台を観て劇団に入る事を決めました。

このオーデションでは、体操で培ったバク転やいかりや長介さんのモノマネを披露し合格しています。




スポンサーリンク

■卒業後

1992年
映画「シコふんじゃった。」に出演。

1993年
「劇団ナイロン100℃」の旗揚げに参加

2002年
トリック劇場版 – 臼井 猛 役

2003年
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! – 瀬川吉雄 役

2005年
電車男 – たむら(オタクB) 役

第56回NHK紅白歌合戦にロックバンド「グループ魂」メンバー名:石鹸で出場しています。

2007年11月11日に入籍

2015年
NHK朝ドラ「あさが来た」で番頭役で出演。

2019年
NHK大河ドラマ「いだてん」でピエール瀧の代役に決定。

大河ドラマは「新選組!」(04年)「篤姫」(08)に続き3作目である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました