大浦龍宇一の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俳優大浦龍宇一(50)さんが、元フジテレビアナウンサー寺田理恵子(57)の長女でシンガー・ソングライターゆりえ(28)さんと結婚したことが24日発表されました。

22歳の歳の差を乗り越え、22日に都内の区役所に結婚届を提出しました。

今回はその大浦龍宇一さんについてググってみました。

大浦龍宇一とは?

大浦 龍宇一
おおうら りゅういち

本名
梶浦 靖博
かじうら やすひろ

1968年 11月17日生まれ
50歳
(2019年3月25日現在)

京都府京都市出身

身長181cm

血液型A型

職業

俳優、歌手

事務所 キャストパワー



スポンサーリンク

■略歴

父は元俳優の高田由紀夫

1968年 11月17日京都府京都市で生まれる。

1994年

26歳の時に

フジテレビのドラマのオーディションに合格して俳優デビュー。

2000年

誕生日に入籍したが、2007年7月に離婚

2011年4月に長男を大浦が引き取った。

2019年3月

寺田理恵子の長女でシンガーソングライターのゆりえと再婚。ゆりえは大浦より22歳年下である。



スポンサーリンク

■学歴

京都府長岡京市の私立立命館中学校から系列の立命館高等学校(偏差値60)へ進学しています。

高校1年生の時に両親が離婚し、大浦さんも中退しています。

しかし

立命館高校始まって以来初の復学をしています。

そして

立命館大学経済学部(偏差値58)へ進学し卒業しています。



スポンサーリンク

■卒業後

26歳の時に

フジテレビのドラマ『この世の果て』のオーディションに合格して俳優デビュー。

1996年

28歳の時

「夏の午後」で歌手デビューし、無名だった大浦の名前を世間に知らしめたヒットとなる。

1999年

31歳の時映画「チンパオ」で初出演。

テレビドラマでは

「朱楽園」「天うらら」「サギ師リリコ」に出演し

2008年

40歳で「H code2nd」でドラマ初出演。

2000年の誕生日に入籍したが、2007年7月に離婚していたことが明らかになった。

長男の親権は大浦が持っている。

当初は妻が子供を育てていたが、妻が自営業を切り盛りしながらの育児が難しくなり、2011年4月に大浦が引き取った。

近年ではバラエティ番組や自らのブログ等にてシングルファーザーであることを公言し、長男とのテレビ出演が多くなっています。

2019年3月、寺田理恵子の長女でシンガーソングライターのゆりえと再婚。

ゆりえは大浦より22歳年下の28歳である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました