萩原健一の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「ショーケン」の愛称で親しまれた歌手・俳優の萩原健一(はぎわら・けんいち、本名萩原敬三〈はぎわら・けいぞう〉)さんが、26日午前、消化管間質腫瘍(しゅよう)のため東京都内の病院で死去した。68歳だった。

今回はその萩原健一についてググってみました。

萩原健一とは?

萩原 健一
はぎわら けんいち
1950年7月26日生まれ
2019年3月26日没
68歳

出生地
埼玉県北足立郡与野町
(現・同県さいたま市中央区)

身長174 cm

血液型O型

職業
俳優、歌手

ジャンル
映画、テレビドラマ

ニックネームは「ショーケン」



スポンサーリンク

■経歴

鮮魚店に非嫡出子として生まれる。

本名は萩原敬三(はぎわら・けいぞう)。

東京都荒川区の聖橋中学校・高等学校(現在は廃校)在学中、埼玉県大宮市でスカウトされ、ザ・スパイダースの弟分バンド、ザ・テンプターズのヴォーカリストとして、17歳だった1967年「忘れ得ぬ君」でデビュー。

翌1968年には「エメラルドの伝説」、「神様お願い!」、「おかあさん」(コーラス・ハーモニカ担当)など、

次々と大ヒット曲を飛ばして人気を得る

1970年に解散後は井上堯之、大野克夫、沢田研二、岸部一徳、大口広司らでPYG(ピッグ)を結成する。

各種ロックフェスティバルやテレビ出演などもこなしたが、音楽活動よりも映画監督を志すようになる

1972年に製作された松竹映画『約束』の製作現場に、助監督として参加。しかし元の主演俳優が降板してしまったことを受けて、代役に抜擢される。

『約束』での岸惠子との共演は高い評価を得、これを機にPYGの活動を続けながら俳優へと本格的に転身。

TVドラマ『太陽にほえろ!』の初代新人刑事=マカロニ役でその人気を決定付ける

1972年12月をもって音楽活動を停止(これによりPYGは事実上解散)

1975同年モデルの小泉一十三と結婚し女児をもうけるが3年で離婚している。

1980年にいしだあゆみと結婚、1984年に離婚発表。

入籍については、萩原は2008年に自叙伝『ショーケン』のなかで、未入籍で事実婚の状態であった旨を告白している。

しかし、

『週刊新潮』2008年4月3日号では『「ショーケン自伝」いしだあゆみと「未入籍」はウソだった』と記事で報じている。

1983年4月20日、大麻不法所持にて逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決となり、1年間に渡って全ての活動停止を余儀なくされた

1984年、飲酒運転で人身事故を起こし、業務上過失傷害罪で逮捕された。

1985年11月には、女優倍賞美津子との2ショット写真を週刊誌に撮られて激昂。

カメラマンと編集者に暴行し、書類送検された

1996年にヘアメークアーティストの女性と結婚したが、10年後の2006年に離婚。

2004年10月、再び交通事故を起こし業務上過失致傷罪で現行犯逮捕された

2004年11月に製作側から恐喝未遂容疑で告訴され、2005年の2月に再び逮捕された

この恐喝事件で2005年6月に東京地裁で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、しばらく活動休止

2011年2月7日に、モデルの冨田リカと結婚。

「ジェットコースターのような人生だったけども、今後は2人でメリーゴーラウンドのようなゆっくりした人生を歩みたい」と語った。晩年は芸能活動の傍ら四国八十八箇所を遍路する等仏教研究に取り組んだ。

2018年、自身のレコードレーベル『Shoken Records』を設立。

2019年3月26日午前10時30分、都内の病院にてGIST(消化管間質腫瘍)のため死去。

68歳没。

2011年から闘病していたが、本人の強い希望で病名の公表を控えていた




スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ
『太陽にほえろ!』
『傷だらけの天使』
『前略おふくろ様』
『祭ばやしが聞こえる』
『豆腐屋直次郎の裏の顔』
『琉球の風』
『課長サンの厄年』
『外科医柊又三郎』
『冠婚葬祭部長』
『元禄繚乱』

映画
『八つ墓村』
『影武者』
『誘拐報道』
『恋文』
『激動の1750日』
『居酒屋ゆうれい』



コメント

タイトルとURLをコピーしました