柳原可奈子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

芸人
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

2月4日に一つ年上の一般男性と結婚したお笑いタレントの柳原 可奈子(33歳)が3月30日、自身のブログを更新し、第1子妊娠を報告した。

今回は、この柳原可奈子さんについてググってみました。

柳原 可奈子とは?

柳原 可奈子
やなぎはら かなこ

1986年2月3日生まれ

33歳

(2019年3月30日現在)

東京都中野区出身

血液型
B型

身長
153 cm

日本のお笑いタレントである。

事務所
太田プロダクション

2019年2月4日フジテレビ社員と結婚。



スポンサーリンク

■経歴

一人っ子である。

父・清は寿司職人。

柳原は父親のことを「きよし」と、下の名前で呼んでいた。

幼児期に赤ちゃんモデルとして雑誌デビュー。

専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科(現・芸能バラエティ科)卒業後、

太田プロダクション所属となる。

2019年2月4日

1歳年上の一般男性と交際約1年の末、柳原の誕生日の翌日に入籍。

2019年3月30日

既に妊娠していた事を発表し仕事をセーブすることを報告した。




スポンサーリンク

■学歴

小学校で体育以外オール5だった柳原さんは中野区立第五中学校に進学しています。

吹奏楽部で活動していましたが、中学校2年生で彼氏が出来てから勉強が手につかず成績がみるみる下がったと言っています。

高校は東京都立の小平高等学校普通科外国語コース(偏差値59)へ進学しています。

この頃からアマチュアのライブなどに出演していました。

専門学校東京アナウンス学院お笑いタレント科(現・芸能バラエティ科)卒業後、

太田プロダクション所属となる。

スポンサーリンク

■デビュー後

2007年に入り、都内の家電量販店さくらやのイメージキャラクターとしてテレビCMや広告に登場し、これを機に知名度が急上昇しブレイクする。

2007年以降は、10歳代の女性をターゲットにしたキャラが注目され、テレビ番組での露出が増えるようになる。
特徴的な声をしているため、声優・ナレーター業にも仕事の幅を広げている。

2008年 ゴールデン・アロー賞新人賞受賞。

2011年9月21日には自身初の単独ライブのDVD『見せたがり女』を発売した。

2014年9月22日 – 23日には2度目の単独ライブ『普通の女』を開催した。

芸風・ネタ

主に一人コント。

ショップ店員や女子大生など様々な女性になり切る一人芝居を得意とする。

女性の自意識をさらけ出す観察眼の鋭さを評価されている。

母が経営していたスナックのスタッフの仕草のものまねをしていたことが原点であるという。

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ■私生活

母親は、19歳の時に他界している。

早くに母を亡くした事について、「お母さんとの思い出をずっと大事にしていたいのに、時間が経つにつれて思い出が忘れ去られていくのが辛い」と語った。

2012年12月18日

26歳の時
自身のブログでは、祖母とも同居を始め3人暮らしとなった事を明らかにしていたが、

2013年3月9日、同月6日に父親が61歳で死去した事が報道を通じて公表された。

葬儀・告別式は近親者で済ませ、喪主は柳原が務めた。

死因等の詳細は家族の意向で明らかにされていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました