磯野貴理子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

タレントの磯野貴理子(55)が、24歳年下でバーテンダーの夫と離婚することが明らかになりましたね。

19日放送のフジテレビ系レギュラー番組『はやく起きた朝は…』(毎週日曜 6:30)で自ら報告。

2012年9月の再婚から、約7年で結婚生活に終止符を打つことになりました。

2度目の離婚で磯野貴理子さんが話題です。

今回は、この磯野貴理子さんについてググってみました。

磯野貴理子さんとは?

磯野貴理子

磯野 貴理子
いその きりこ

1964年2月1日生まれ
55歳
(2019年5月20日現在)

三重県度会郡南勢町出身

身長
155cm

血液型
A型

職業
タレント・女優

所属事務所
ジャパン・ミュージックエンターテインメント

スポンサーリンク

■略歴

1964年
三重県度会郡南勢町(現在の南伊勢町)で生まれる。

姉弟は姉がふたりと妹と弟がいる。

「貴理子」の語源は父親が女の子は打ち止めとの思いから当て字として付けられた。

高校卒業後、中央相互銀行(現・愛知銀行)を経て

1987年9月には3人組のお笑いグループ「チャイルズ」の一員として参加。

1988年
女優業を開始。

スポンサーリンク

■学歴

地元の中学校を卒業後、

三重県立南勢高等学校(偏差値37)へ進学。
(現在は南伊勢高等学校 南勢校舎)

共学の公立高校です。

大学へは、進学せず地元の中央相互銀行へ就職しました。

スポンサーリンク

■デビュー後

中央相互銀行で働きながら、劇団七曜日に入り女優を目指します。

劇団七曜日は石井光三とレオナルド熊らによって旗揚げされた劇団です。

ここで同じ劇団員の久留龍子と茂原裕子と三人で「チャイルズ」を結成し、芸名「きりこ」で「笑っていいとも」の「いいとも青年隊」メンバーとして活動。

「チャイルズ」解散後

2000年11月
虫垂炎で入院したために、『おそく起きた朝は…』の収録を2回ほど休んだ。

2003年12月12日、当時の担当マネージャーであった7歳年下の正司宏行(「かしまし娘」の正司照枝の長男)と10年間の交際を経て結婚。

2005年4月3日
はやく起きた朝は…(フジテレビ )
森尾由美・松居直美と並び、メインキャストの一員に選ばれる。

2007年1月1日
芸名を「磯野 貴理(いその きり)」へ改名。

2009年11月に離婚。
原因は嫁姑問題と正司の浮気と答えた。

2011年7月1日
芸名を「磯野貴理子(いその きりこ)」へ再度戻す。

2012年9月3日
かねてより交際していた24歳年下の一般人男性の高橋東吾(貴理子と共同でバーを経営)と再婚。

2014年10月23日
脳梗塞で倒れ搬送中に救急車の隊員から「お母様ですか?」と言われ、ショックを受け倒れて以後は断酒している。

2019年5月19日放送の『はやく起きた朝は…』(フジテレビ)の番組内で2度目の離婚を報告。
(離婚時期や慰謝料の有無は非公表)

スポンサーリンク

■主な作品

テレビ
はやく起きた朝は…(フジテレビ、2005年4月3日 – )

ホンマでっか!?TV(フジテレビ)

行列のできる法律相談所(日本テレビ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました