石川さゆりの学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

歌手
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

歌手の石川さゆりが紫綬褒章を受章することになり、会見に出席しましたね。

多くの報道陣の前に、はにかんだ表情で現れた石川は、「本当にうれしい。ありがたい気持ち」とコメント。

また、

「より一層、精進していかなければならない。

日本の音楽界で何ができるかを探していきたい」と、

今後の目標を語った。

紫綬褒章の受章で石川さゆりさんが話題ですね。

今回は、この石川さゆりさんについてググってみました。

石川さゆりさんとは?

石川さゆり

石川さゆり
いしかわ さゆり

本名
石川 絹代
いしかわ きぬよ

1958年1月30日生まれ
61歳
(2019年5月21日現在)

熊本県飽託郡飽田村出身

身長
155cm

血液型
A型

職業
歌手

所属事務所
さゆり音楽舎

スポンサーリンク

■略歴

1958年
熊本県飽託郡飽田村(現在の熊本市南区)で生まれる。

姉弟は姉と弟がいる。中間子である。

1964年
島倉千代子の歌謡ショーに接し感動、歌手を志す。

1968年
小学5年10歳の時に一家で横浜市神奈川区に転居。

1972年、
横浜市立城郷中学3年在学中の夏休みに、フジテレビ系列の「ちびっ子歌謡大会」に参加できなくなった友人に替わって参加し合格し、ホリプロにスカウトされ芸能界入り。

同年秋に放映されたフジテレビの連続ドラマ「光る海」では、沖雅也の妹役としてレギュラー出演を果たす。

1973年3月25日
15歳で「かくれんぼ」でアイドル歌手として日本コロムビアよりデビュー

1977年
19歳の時
1976年に発売されたアルバム『365日恋もよう』からシングルカットされた「津軽海峡・冬景色」が大ヒット!

スポンサーリンク

■学歴

横浜市立城郷中学を卒業後、

東京都堀越高等学校普通科トレイトコース(偏差値38)へ進学。

男女共学で中野区にあるの私立高校です。

大学へは進学せず芸能活動に専念。

スポンサーリンク

■デビュー後

1973年3月25日
『かくれんぼ』でアイドル歌手としてデビュー。

1977年
「津軽海峡・冬景色」で「第19回日本レコード大賞」歌唱賞や、フジテレビ系列「FNS歌謡祭」グランプリ(ほか最優秀歌唱賞・最優秀視聴者賞も獲得)など数々の音楽賞を受賞、さらに「第28回NHK紅白歌合戦」へも念願の初出場となった。

シングル「能登半島」「暖流」「沈丁花」なども続けてヒット

1980年以降も、「波止場しぐれ」「天城越え」「夫婦善哉」「滝の白糸」「風の盆恋歌」などと順調にヒット曲を世に送り出し、日本を代表する女性演歌歌手の一人となった。

また、刑事ドラマ「大空港」に女性刑事役でレギュラー出演。

NHK大河ドラマ「功名が辻」に出演し女優としても活躍。

1981年  
元マネージャーの馬場憲治と結婚。 

1984年2月に長女・佐保里ちゃんを出産するも、

1989年2月に離婚。

芸能界・歌手デビュー時からホリプロに所属していたが、個人事務所「株式会社さゆり音楽舎」を設立し1997年に独立。

2019年5月、紫綬褒章の受章が日本国政府より告示された。

影響を受けた人物として「島倉千代子」「二葉百合子」と答えている。

スポンサーリンク

■NHK紅白歌合戦出場歴

第69回(2018年)で通算41回となり、第35回(1984年)から35年連続して出場継続中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました