蒼井優の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

蒼井優
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

女優・蒼井優(33)と南海キャンディーズの山里亮太(42)が

6月5日、双方の所属事務所を通じ結婚を正式発表しました。

蒼井優さんが話題になってますね。

今回は、この蒼井優さんについてググってみました。

蒼井優とは?

蒼井 優

本名
夏井 優
なつい ゆう

1985年8月17日生まれ
33歳
(2019年6月5日現在)

福岡県福岡市出身

血液型
A型

身長
160cm

職業
女優

所属事務所
イト―カンパニー

スポンサーリンク

■略歴

兄弟は1歳上の兄がひとりいます。

母は娘を宝塚歌劇団へ入れるのが夢だったが、生まれた娘を見てあきらめたというのは有名な話です。

2歳からクラシックバレーを習っていました。

1999年、1万人の中からミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビュー。

2001年、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』で映画に初出演。

スポンサーリンク

■学歴

地元福岡の福岡市立東箱崎小学校に入学しています。

小委学校ではいじめを経験したと答えています。

中学校は福岡県の筑紫女学園中学校(偏差値47)へ進学しています。

学業優先ですが芸能活動を認めています。

中学2年の時にミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビューしています。

高校は東京都にある堀越高等学校普通科トレイトコース(偏差値38)に進学。

東京都中野区にある、学校法人堀越学園が運営する男女共学の私立校です。

2年生の時に三井のリハウスの10代目「リハウスガール」に起用され知名度が高まりました。

卒業後は、

日本大学藝術学部に合格していましたが、学業と俳優業どちらかに専念できない事に迷いがあり、

19歳の時に初めて参加した釜山国際映画祭で、映画ファンの熱気と歓喜に触れて映画に対する思いが強くなり俳優業に専念することを決意する。

スポンサーリンク

■中退後

2005年
『ニライカナイからの手紙』で単独初主演を果たした。

映画『鉄コン筋クリート』では声優に初挑戦。

2006年度は、映画『フラガール』などでの演技が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、数多くの映画賞を総なめにした。

2008年、『おせん』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演を果たす。

2017年

主演映画『 彼女がその名を知らない鳥たち』で第41回日本アカデミー賞や第91回キネマ旬報ベスト・テンをはじめ、その年の主演女優賞をほぼ総なめ状態にした。

2019年6月3日、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と結婚

スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ

『14ヶ月』/『タイガー&ドラゴン』
『Dr.コトー診療所2006』/『おせん』
『龍馬伝』/『Dr.倫太郎』

映画

『花とアリス』
『ニライカナイからの手紙』
『ハチミツとクローバー』
『フラガール』/『蟲師』
『百万円と苦虫女』/『おとうと』
『洋菓子店コアンドル』
『東京家族』/『るろうに剣心』
『オーバー・フェンス』
『彼女がその名を知らない鳥たち』

コメント

タイトルとURLをコピーしました