「ミラーマン」石田信之さん死去 がん手術8回の壮絶闘病

未分類
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

特撮ヒーロードラマ「ミラーマン」で主人公・鏡京太郎を演じた俳優・石田信之さんが、今月13日午後に大腸がんからの多臓器転移のため亡くなっていたことが16日、分かった。

68歳。

所属事務所が公表した。

葬儀は密葬として16日に執り行われました。

石田信之

■略歴

石田さんは1950年東京都生まれ

父親は警察官で、父親の仕事の関係で秋田県に転居し、高校時代まで過ごしました。

血液型
B型

身長
172cm

1968年
演劇の勉強をすべく東宝芸能学校に入り[1][11]、その後東宝演劇部に所属。

1969年
『上意討ち』(明治座)で初舞台を踏む。

1970年、TBS系の人気番組『柔道一直線』(TBS)の新レギュラーオーディションに合格しデビュー。

翌年の1971年には『ミラーマン』(フジテレビ)の主演・鏡京太郎役に抜擢され、一躍人気者となりました。

既婚で、一男一女をもうけています。

■病歴

2014年3月13日、大腸がんが発覚。

肝臓などに転移する進行がんであり、さらに原発性の胃がんも同時に発症して治療中であることを明らかにした。

2015年7月22日、

尿管や腹膜などにがんが再発し、医師に余命20か月 ~ 30か月と宣告されたことを公表。

その後も治療を繰り返しながらも仕事を続けていました。

2019年6月13日15時47分、大腸がんからの多臓器転移のため、神奈川県川崎市の病院で亡くなった。

68歳でした。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました