小池栄子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

女優
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俳優の大泉洋と女優の小池栄子のダブル主演の映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督)が、2月14日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで公開されましたね。

原作は太宰治未完の遺作「グッドバイ」を、ケラリーノ・サンドロビッチさんが戯曲化したもの。

小池栄子さんが話題ですね。

今回は、この小池栄子さんについてググってみました。

小池栄子とは?

小池栄子

坂田 栄子(出生名:小池 栄子)
さかた えいこ

1980年11月20日生まれ
39歳
(2020年2月16日現在)

東京都世田谷区出身

身長
167cm

血液型
AB型

職業
女優、タレント

所属事務所
イープロダクション

スポンサーリンク

■略歴

祖父が下北沢でパチンコ店を経営。

その後、ゲームセンターになっています。

父親はパチンコのクギ師でした。

芸能界デビュー前にカットモデルをしていたことがあリます。

15歳のとき「バスト93センチGカップ女子高生」として、雑誌「ホットドッグ・プレス」(1996年9月10日号)及びテレビ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(同年8月28日放送分)に出演。

イエローキャブの野田社長にスカウトされ、芸能界入り。

スポンサーリンク

■学歴

世田谷区立代沢小学校(だいざわ)に入学。

小学校卒業後は和洋九段女子中学校・高等学校(偏差値41)に入学。

東京都千代田区にある私立の女子校です。

こちらは私立女子完全中高一貫校で東京都の中では有名なお嬢様学校です。

なお、選んだ理由は学校説明会などで創作ダンス部の実演に魅了されたのが理由と答えています。

実際に小池は中学1年生から高校3年生まで同部に所属し、今でもダンスは特技の一つだと答えています。

卒業後は高校卒業後は保育士を目指し大学に進学していません。

スポンサーリンク

■デビュー後

イエローキャブの野田社長にスカウトされ、女優を目指して芸能界入りしました。

しかし、最初のドラマ出演後のオーディションで「そんなに太っていたら映像では使えない」と言われ、グラビアの仕事が舞いこみます。

「スカウト時に水着はやらない条件(自分のスタイルに自信が無かった)で芸能界入りしたのに・・・」と思いつつ渋々グラビアを始めた(この頃について後年「事務所に騙された」とコメントしている)が、「胸が大きいのはコンプレックスだけど、これを売りにすれば良いのでは」と考えを改め、それ以降は積極的にグラビアに取り組むようになりました。

豊胸手術疑惑がおき、『アッコにおまかせ!』の中でX線写真を撮り、シリコンバック挿入による豊胸ではない事が証明された。

1997年

テレビドラマ「踊る大捜査線」で女優デビュー。

1999年

「小池栄子inドリフト・ウォーズ」で映画初主演。

以降、「模倣犯」「下妻物語」などに出演。

2004年
イエローキャブ分裂を機に、グラビアからは事実上引退し、女優活動に専念。

2007年8月29日
プロレスラーの坂田亘と5年に渡る交際の末、結婚。

2002年からは総合格闘技イベント「PRIDE」でフジテレビ地上波放送のメインキャスターを務めました。

またMCや司会業などもこなせる器用さを併せ持っており、活動エリアが一層広がりました。

スポンサーリンク

■まとめ

小池栄子さんの最終学歴は和洋九段女子高等学校卒業です。

偏差値は41でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました