「24時間テレビ」ランナー 今年はいとうあさこ&ガンバレルーヤ・よしこら4人“24時間駅伝”

未分類
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

日本テレビの「24時間テレビ」(8月24~25日)が今年で42回目を迎える

今回のチャリティーランナーが、いとうあさこ(49)ガンバレルーヤ・よしこ(28)らに決定した。


いとうあさこ

14日放送の同局「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7:58)で発表された。

今年は「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、1人42・195キロを4人がタスキをつないで走る駅伝方式、題して「人と人 ともに国技館へ 24時間駅伝」となる。

残り2人は順次発表される。

例年の日本武道館から、今年のゴールは両国国技館となる。

リレー形式は2012年、佐々木健介(52)北斗晶(52)ファミリーの例がある。

昨年はお笑いコンビ「ANZEN漫才」みやぞん(34)が番組史上初のトライアスロン(スイム=1.55キロ、バイク=60キロ、マラソン=100キロマラソン)を完走。

一昨年はブルゾンちえみ(28)が番組史上初の当日サプライズ発表で90キロを完走した。

いとうあさこ「『24時間チャリティーランナーの“一人”に選ばれました』って内村さんから言われた時、何を言っているのかまったく意味が分からなかった(笑)。

未知のことすぎて『怖い』でも、『がんばろう』でもなく、ただただ「?」だったと答えている。

スポンサーリンク

過去の女性挑戦者は

2001年研ナオコが初めて。

02年西村知美、

03年山田花子、

04年杉田かおる、

08年エド・はるみ、

09年イモトアヤコ、

13年森三中大島美幸、

17年ブルゾンちえみの8人が挑戦。

いずれも完走している。

最長距離はイモトの126.585キロ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました