澁野日向子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

ゴルファー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

海外女子メジャー◇AIG全英女子オープンで渋野日向子が7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でプレーし、通算18アンダーとしてメジャー初出場初優勝を遂げた。

1977年「全米女子プロ選手権」の樋口久子以来となる日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇となった。

澁野日向子さんが話題ですね。

今回は、この澁野日向子さんについてググってみました。

澁野日向子とは?

澁野日向子

澁野 日向子
しぶの ひなこ

1998年11月15日生まれ
20歳
(2019年8月5日現在)

岡山県岡山市出身

身長
165cm

血液型
AB型

職業
プロゴルファー

所属
RSK山陽放送

■略歴

投てき選手だった両親のもと、三人姉妹の二女として生まれる。

父が円盤投げ 母はやり投げだった。

小学校2年生の夏休みにゴルフを始める。

同時に12月からソフトボールも始める。ポジションはピッチャー。

2010年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」で3位の成績を収める。

中学校で唯一の女子選手として軟式野球部に入るが同年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で優勝すると中学2年生からゴルフ一本に」絞る。

その後「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)では、

2012年、2013年も優勝し3連覇を果たす。

高等学校へ進学後は

2014年の「中国女子アマチュア選手権」で優勝。

2015年「全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦では同高校のメンバーとして出場し、大里桃子がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝した。

2017年、

高校卒業後、JLPGA最終プロテストに進出、3日目までで14オーバーとなった為、最終日はプレー出来ずに終える。

■学歴

地元の岡山市立平島小学校に入学。

2011年

地元の岡山市立上道中学校に進学。

2014年

県北の岡山県作陽高等学校(偏差値37)へ進学。

■卒業後

サードQT進出者の資格で2018年は主にステップ・アップ・ツアーに出場。

主催者推薦競技会(マンデー)を経て同年唯一JLPGAツアーに出場した「アース・モンダミンカップ」では初日(9番ホール)にホールインワンを達成して600万円を獲得。

同年2度目のJLPGA最終プロテスト進出を果たし14位で合格。

JLPGA90期生となる

2019年5月のLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」において通算12アンダーで同ツアー初優勝

20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(大韓民国)の20歳273日を更新する大会史上最年少優勝

JLPGAツアー初優勝が公式戦となったのは史上13人目である。

日本人に限ると2016年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」の畑岡奈紗に次いで8人目となる。


この優勝により翌シーズンから3年間のシード権を獲得。

同年6月の「アース・モンダミンカップ」終了時点で年間獲得賞金ランキング3位に浮上し、8月の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「AIG全英女子オープン」への出場権を獲得。

2019年7月のJLPGAツアー「資生堂 アネッサ レディスオープン」において、通算12アンダーで並んだイ・ミニョンとのプレーオフを制し、初代女王となり自身同ツアー2勝目をあげた

海外初試合となった「AIG全英女子オープン」では通算18アンダーでLPGAツアー初出場初優勝をメジャー大会で飾った

日本勢のメジャー優勝は男女を通じ、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来42年ぶり、2人目の快挙となった

■ドライバー飛距離:240ヤード

■得意クラブ:5番ウッドである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました