小泉進次郎の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

国会議員
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が7日、結婚と妊娠を発表した。

既に妊娠の安定期に入っており2020年の年明けに出産予定だ。

小泉進次郎さんが話題ですね。

今回は、この小泉進次郎さんについてググってみました。

小泉進次郎とは?


小泉進次郎

小泉進次郎
こいずみ しんじろう

1981年4月14日生まれ
38歳
(2019年8月7日現在)

神奈川県横須賀市出身

身長
170cm

血液型
AB型

職業
国会議員(衆議院議員)

所属
自由民主党

スポンサーリンク

■略歴

1981年

神奈川県横須賀市に小泉純一郎と宮本佳代子の次男として生まれる。

1982年

両親離婚の為、父。純一郎の姉の道子に育てられた。

中学校二年生まで伯母(おば)とは知らされてなかった。

1988年(昭和63年)に関東学院六浦小学校に入学

大学卒業まで関東学院で過ごす。

スポンサーリンク

■学歴

小学校は横浜市金沢区にある私立の関東学院六浦(むつうら)小学校に入学しています。

私立の男女共学の小学校です。

中学は関東学院六浦(むつうら)中学校(偏差値51)に入学。

高校は横須賀高校(偏差値66)を受験するが不合格

結果、関東学院六浦(むつうら)高校(偏差値54)へ内部進学しました。

野球に熱中し、ポジションはセカンドだった。

2004年(平成16年)3月、23歳の時に関東学院大学経済学部経営学科(偏差値45)に入学。

大学では野球部のレベルの高さからサーフィンに夢中になっていた。

その後コロンビア大学大学院に留学し、2006年(平成18年)に政治学の修士号を取得した。

その後、アメリカ合衆国にある、ロンドンタビストック人間関係研究所配下の戦略国際問題研究所非常勤研究員を経て2007年(平成19年)に帰国し、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務めました。

スポンサーリンク

■帰国後

28歳の時

父・純一郎が政界引退を表明すると、後継者候補となり、2009年の衆議院銀選挙で圧勝。

初当選となる。

2012年、2014年での選挙も当選し3選を果たす。

2015年10月

自民党の農林部会長となる。

2017年

36歳、衆議院銀選挙でも圧勝し4選を果たす。

知名度が抜群で、選挙に非常に強い事で有名だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました