原 知佐子の子供は 学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

原知佐子
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

女優の原 知佐子さんが1月19日午後6時4分、上顎肉腫のため東京都内の病院でお亡くなりになりました。

84歳でした。

1970年代に山口百恵が主演した「赤いシリーズ」で強烈なイビリ役を演じて有名となりました。

以降、ドラマに欠かせない名脇役として活躍しました。

原 知佐子さんが話題ですね。

今回は、この原 知佐子さんについてググってみました。

原 知佐子とは?


原 知佐子

本名

実相寺 知佐子
じっそうじ ちさこ

旧姓

田原 知佐子
たはら さちこ

1936年1月6日生まれ
83歳
(2020年1月20日現在)

高知県高岡郡出身

身長
154cm

血液型
未公表

職業
芸人・タレント

所属事務所
合同会社現代

スポンサーリンク

■略歴

高知県高岡郡高岡町(現在の同県土佐市)の出身です。

娘が1967年に生まれた女優の実相寺吾子さんです。

スポンサーリンク

■学歴

小学校は高岡第一小学校校へ入学しています。

小学校の時は痩せており運動神経も発達していたと答えています。

中学校は高岡中学校へ進学しています。

高校は高知県立高知追手前高等学校 (偏差値65・2020年現在) へ進学しています。

宝塚歌劇団と松竹歌劇団を受験するが落ちてしまい、「芸能人の多い京都ならばコネで潜り込めるかも」と思い立ち、同志社大学文学部美学美術学科に進学するも中退。

スポンサーリンク

■デビュー後

1955年

新東宝の「第4期スターレット」(同期は北沢典子、三ツ矢歌子、万里昌代、朝倉彩子ら)に合格後、大学を中退。

1959年には東宝に移籍。

1963年

映画監督の実相寺 昭雄を結婚し、以降映画作品の常連出演者となる。

1970年代に山口百恵が主演した「赤いシリーズ」で強烈なイビリ役を演じて有名となった。

2020年1月19日

上顎肉腫のため、東京都内の病院にて死去。

84歳でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

■主な作品


テレビ
「岸辺のアルバム」「赤いシリーズ」「道連れ」「Pu・Pu・Pu」「ひなたぼっこ」
「救急救命センター」「花村大介」「ドラマDモード」「アンティーク」
「不倫旅行の罠」「臨床心理士」「プリティーガール」「検事 霞夕子」「受刑者失踪」
「邪光」「占い師すずこ」「温泉へ行こう」「アリバイの彼方へ」「偽りの花園」

映画
「黒い画集」「女ばかりの夜」「あさきゆめみし」「儀式」「乾いた花」
「釣りばか日記」「D坂の殺人事件」「あ・春」「百合祭」「仄暗い水の底から」
「姑獲鳥の夏」「ハルウララ」「不撓不屈」「東京タワー」

スポンサーリンク

■まとめ

原 知佐子さんの子供は女優の実相寺吾子さん。

最終学歴は高知追手前高等学校でした。

(偏差値65・2020年現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました