鈴木杏樹の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

女優
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

女優の鈴木杏樹(50)が、元宝塚トップスターで女優の貴城けい(45)を妻に持つ元歌舞伎役者・二代目喜多村緑郎(51)と“不倫関係”にあると、2月6日発売の『週刊文春』が報じた。

鈴木杏樹さんが話題ですね。

今回はこの鈴木杏樹さんについてググってみました。

鈴木杏樹とは?

鈴木杏樹

本名

山形 香公子(出生姓:鈴木)
やまがた かくこ

1969年9月23日生まれ
50歳
(2020年2月8日現在)

兵庫県神戸市出身

身長161cm

血液型
AB型

職業
女優

所属事務所
ジャパン・ミュージックエンターテインメント

スポンサーリンク

■略歴

家族構成は両親と弟がひとりいます。4人家族で大阪の箕面で生まれました。

兵庫県神戸市で育ち、インターナショナル高校の2年生の時にスカウトされました。

1990年

21歳の時に歌手デビュー。

デビューはイギリスで「KAKKO」と言う名前でした。

スポンサーリンク

■学歴

小中学の学校名は公表されていません。

卒業後は、兵庫県にあるアメリカンスクールのマリスト国際学校高等部へ進学しています。

日本の高校とは選考方法が異なり偏差値はありません。

芸能界入りした鈴木杏樹さんはマリスト国際学校高等部を中退しています。

その後、東京都立上野高等学校の通信制に入学し卒業しています。

大学へは進学していません。

スポンサーリンク

■デビュー後

1990年2月

英CBSレコードから「KAKKO」として『We Should Be Dancing』をリリース。

UKチャートの最高位は101位でした。

セカンドシングル『What Kind Of Fool』はUKチャートにはランクインせず、湾岸戦争にイギリスが参戦したこともあり
1991年に日本に帰国。

1991年

22歳の時、女優としてデビュー。

1998年6月

駿河台日本大学病院外科部長の山形基夫と結婚。

2013年2月

夫の山形基夫が滞在先のアメリカで56歳で亡くなる。

出会いは鈴木杏樹が腸閉塞で入院した時で担当医でした。

スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ
『あすなろ白書』
『長男の嫁』
『若者のすべて』
『僕らに愛を!』
『コーチ』
『恋のバカンス』
『恋はあせらず』
『平成夫婦茶碗』
『相棒』
『理想の息子』
『なつぞら』

映画
『相棒』シリーズ
『ライアの祈り』

スポンサーリンク

■まとめ

鈴木杏樹さんの最終学歴は都立上野高等学校の通信制で、偏差値はありません。

また、結婚歴がありますが、夫とは2013年に死別しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました