柄本明の身長 学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

俳優
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

オトナのハードボイルドでハートフルなコメディ映画『一度も撃ってません』。

この度、本作の新たなキャストとして、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、井上真央らの出演が発表されました。

今作では、柄本明&柄本佑、佐藤浩市&寛 一郎(かん いちろう)といった2組の親子共演が実現します。

今回は、親子共演の柄本明さんについてググってみました。

柄本明とは?

柄本明

柄本 明
えもと あきら

1948年11月3日生まれ
71歳
(2020年2月26日現在)

東京都中央区出身

身長
175cm

血液型
B型

職業
俳優・コメディアン

所属事務所
㈱ノックアウト

スポンサーリンク

■略歴

家族構成は父と母と妹さんの4人家族で2人兄妹の長男です。

実家は印刷業を営んでいました。

母方の祖父は東京・銀座で箱屋(芸妓斡旋業)を経営していました。

生家が歌舞伎座の裏手にあり、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごす。

この事が俳優を志すきっかけとなったと答えています。

スポンサーリンク

■学歴

小学校は杉並区にある八成(はちなり)小学校に入学しています。

中学校は杉並区にある九瀬(ここのせ)中学校に進学しています。

高校は東京都立の王子(おうじ)工業高等学校機械科(偏差値38)へ進学しています。

高校時代の将来の夢は「俳優になる事」でした。

高校卒業後は大学へは進学せず、商社へ就職しています。

スポンサーリンク

■卒業後

俳優に憧れ、金子信雄が主宰(しゅさい)する劇団「マールイ」の演劇教室の生徒となります。

松田優作も同じ教室で知り合いになります。

1972年

24歳の時に下北沢に引越し、演劇専用の民営劇場の本多劇場のこけら落しにも出演した。

1974年

自由劇場へ参加、俳優として起用されるようになったが、串田和美の作風に肌があわず、1976年に退団。

1976年

自由劇場時代に知り合った、ベンガル・綾田俊樹と共に「劇団東京乾電池」を結成する。

1976年4月

ベンガル・綾田と『ひらけ!ポンキッキ』のお兄さんを務め、次第にテレビや映画へに出演が多くなる。

1980年

東京乾電池の角替和枝(つのがえ かずえ)と結婚。

1998年

『カンゾー先生』で第23回報知映画賞主演男優賞や日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。

2004年

『座頭市』などで第58回毎日映画コンクール男優助演賞を受賞。

2011年

芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

2006年

NHK大河ドラマ『功名が辻』で次男・柄本時生と親子共演を果たした。

2011年6月

紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章

2019年11月

旭日小綬章(きょくじつ しょうじゅしょう)を受章

スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ

『太平記』
『功名が辻』
『妖怪人間ベム』
『坂の上の雲』
『とんび』
『戦力外捜査官』
『グッド・ドクター』
『監察医 朝顔』
『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』

映画

『セーラー服と機関銃』
『シコふんじゃった。』
『Shall we ダンス?』
『カンゾー先生』
『うなぎ』
『座頭市』
『悪人』
『天空の蜂』
『シン・ゴジラ』

スポンサーリンク

■まとめ

柄本明さんの身長は175cm。

学歴は東京都立王子工業高等学校機械科卒業で、偏差値は38でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました