小島一慶の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

アナウンサー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「ラジオ界のレジェンド」として人気を博したフリーアナの小島一慶さんが4月23日、肺がんのため、都内の病院にて75歳で亡くなりました。

軽妙な語り口が持ち味で、先輩の久米宏さんに続いて人気番組「ぴったし カン・カン」の2代目司会者を務めた。

今回は、この小島一慶さんについてググってみました。

小島一慶とは?

小島一慶

本名

小島一慶
こじま かずよし

1944年10月2日生まれ
75歳
(2020年4月26日現在)

長崎県長崎市出身

身長
170cm

血液型
O型

職業
アナウンサー

所属事務所
㈱オールランド

スポンサーリンク

■略歴

家族は父親と母親。

母子家庭で祖父と祖母と一緒に暮らしていた。

幼稚園時代から演劇が好きになり、浪曲も好きで、子供の頃の夢は「浪曲師か役者になりたい。」と思っていた。

スポンサーリンク

■学歴

小学校、中学校は公表していません。

中学入学後はすぐに演劇部に入部し活動。

高校は長崎県立長崎東高等学校に進学。

高校生時代も部活は演劇部に入部。

高校では生徒会長に就任。

大学は日本大学芸術学部(偏差値45)へ進学。

元々役者志望で舞台中継を希望していたがアナウンサーを目指していた為、入学後はアナウンス研究会に入会。

就職活動ではTBSの他 NHK、日本テレビ、フジテレビ、ニッポン放送など総なめにするつもりで受験するも全て不合格

卒業論文の単位だけ残して留年。

留年中はTBSでアシスタントディレクターのアルバイトをし翌年はTBSだけを受験し合格。

スポンサーリンク

■デビュー後

1968年(昭和43年)

日本大学芸術学部放送学科を卒業し、TBSに入社。

1969年

TBSラジオ「ヤングポップス1010」のDJに抜てきされる。

1970年

「パックインミュージック」の火曜日を担当。

1977年

「ロッテ歌のアルバム」でテレビに初めて登場。

1984年

先輩の久米宏に続いて人気番組「ぴったし カン・カン」でゴールデン帯初のメイン司会を担当した。

70年代から80年代にかけて、TBSの人気ナンバーワンのアナウンサーだった。

1990年3月

TBSを退社し、フリーに転向。

TBS退社後はテレビ朝日と専属契約を結び、テレビ朝日専属キャスターとして『ホットライン110番』の司会を務める。

1991年4月

テレビ朝日系「モーニングショー」の司会を務めることが決定していたが、直前に女性スキャンダルが発覚。専属契約を解除され、レギュラー番組も全て降板して、泣きながら会見して謝罪した。

1991年12月

テレビ東京系「TVコロンブス」でテレビ復帰。

92年4月スタートのTBSラジオ「おまたせ一慶まっぴるま!」でレギュラー復帰した。

その後は古巣のTBSを中心にラジオやナレーションなどで活躍した。

2008年12月31日

またしても婦女暴行容疑で刑事告訴されたことを受け番組を降板。

ただ示談が成立し告訴は取り下げられている。

2014年

仕事復帰して、TBSラジオを中心に活動していた。

スポンサーリンク

■まとめ

小島一慶さんの本名はこじま いっけい。

学歴は私立の日本大学芸術学部を卒業で偏差値は45でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました