志賀廣太郎の身長 学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

俳優
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俳優の志賀廣太郎(しが こうたろう)さんが20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため亡くなったことを、所属事務所「レトル」が発表した。

71歳だった。

志賀 廣太郎(しが こうたろう)さんが話題ですね。

今回は、この志賀 廣太郎(しが こうたろう)さんについてググってみました。

志賀 廣太郎(しが こうたろう)とは?

志賀廣太郎

本名

志賀廣太郎
しが こうたろう

1948年8月31日生まれ
71歳
(2020年4月30日現在)

兵庫県出身

身長
165cm

血液型
AB型

職業
俳優

所属事務所
レトル

スポンサーリンク

■略歴

兵庫県生まれ。

幼稚園時代に東京都杉並区に引っ越しをし、その後世田谷区へも引っ越しをし東京で過ごしましす。

小学校の担任の先生の影響で演劇に興味を持ちます。

大学卒業後はすぐに役者にならず大学に残り1973年までゼミの助手を務める。

その後、ドイツに渡り専門学校へ入学。

1977年に帰国し結婚。

1978年

桐朋学園芸術短期大学の演劇科にて非常勤講師を務める。

1990年

41歳で『光の都』に出演。

1993年

45歳の時、正式に劇団員になる。

スポンサーリンク

■学歴

小学校は公表されていません。

中学校は東京の世田谷区立船橋中学校に進学。

同級生に高田文夫がいました。

1971年

桐朋学園大学短期大学部 専攻科演劇(偏差値44)を専攻し進学。

スポンサーリンク

■デビュー後

1994年

46歳の時にアップルコンピューターのCMに出演して注目を集めます。

その後、出演のオファーが増え始める。

1998年

『もう、ひとりじゃない』で映画初出演。

2001年『学校の怪談』、『世にも奇妙な物語 SMAPの特別編』の「BLACK ROOM」など、2000年代になって人気俳優となる。

私生活では40代で離婚

2003年

『THE3名様』で演じたパフェおやじ役が若者の間で評判となる。

2015年

踊る大捜査線シリーズで知られる本広克行が監督を務める青春映画『幕が上がる』に、メインキャストとして出演した。

2019年

NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に春野先生役での出演が予定されていたが、体調不良のため降板。

2019年4月9日、4月5日から6日にかけて脳梗塞を発症し、緊急手術を受けて入院中であることがテレビ東京系ドラマ24枠のドラマ『きのう何食べた?』の公式サイト上で発表された。

4月30日、所属劇団「青年団」が、「命に別状なし」との報告を行った。

2020年4月20日20時20分、誤嚥性肺炎のため、川崎市の病院で亡くなる。

同月30日、所属事務所の公式サイトにおいて葬儀を終えた事が公表された。

スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ
『アンフェア』
『三匹のおっさん』
『銭の戦争』
『リバース』
『陸王』
『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
『イノセンス 冤罪弁護士』

スポンサーリンク

■まとめ

志賀廣太郎の身長は165cm。

学歴は桐朋学園大学短期大学(とうほうがくえん げいじゅつたんき だいがく) 専攻科演劇科創業で偏差値は44でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました