伊勢谷友介の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

伊勢谷友介
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俳優の伊勢谷友介(44歳)が大麻取締法違反容疑で逮捕されたことが9月8日、警視庁の捜査関係者への取材でわかった。

伊勢谷 友介さんが話題ですね。

今回は、この伊勢谷 友介さんについてググってみました。

伊勢谷 友介とは?

伊勢谷 友介

本名

伊勢谷 友介
いせや ゆうすけ

1976年5月29日生まれ
44歳
(2020年9月8日現在)

東京都出身

身長
179cm

血液型
A型

職業
俳優・映画監督

所属事務所
KAKUTO ENTERTAINMENT

スポンサーリンク

■略歴

家族は父と母と兄と妹との5人家族で育ちました。次男です。

北海道・函館市(五稜郭町)で小さい頃を過ごしました。

父親は洋服の仕立て屋(テーラー)で、異母兄はデザイナー・山本寛斎さん。

子供の頃から絵を書くことが大好きでした。

12歳から英語教室に通っていました。

大学4年生の時にはニューヨーク大学に短期留学して映像を学びました。

英語が得意です。

スポンサーリンク

■学歴

日本大学豊山高等学校(偏差値58)を卒業後、東京藝術大学美術学部デザイン科(偏差値60)へ現役で合格。

東京藝術大学卒業後は同大学院美術研究科修士課程へ進学し修了しています。

大学4年生時にはニューヨーク大学に短期留学して映像を学びましだ。

スポンサーリンク

■デビュー後

1996年(平成8年)

大学在学中にモデルとしての活動を開始。

以後、CM・雑誌、ファッションショーなどに出演

ファッションブランド 「プラダ」のミラノコレクションに参加。

同年、『天使の涙』のプロモーション番組 『地球に落ちてきた天使』に、金城武と監督のウォン・カーウァイとともに出演。

1997年(平成9年)

東京藝術大学のメンバー3人で結成したアーティストグループ、『カクト』の活動を開始。

1998年(平成10年)

『ワンダフルライフ』(公開は1999年(平成11年)で映画へ初出演。

2002年(平成14年)

初監督作品『カクト』が劇場公開された。

2009年(平成21年)

NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』の三部作に、テレビドラマ初出演

スポンサーリンク

■主な作品

テレビドラマ

『白洲次郎』
『龍馬伝』
『車イスで僕は空を飛ぶ』
『花燃ゆ』
『監獄のお姫さま』
『サバイバル・ウェディング』
『ボイス 110緊急指令室』
『未満警察 ミッドナイトランナー』

映画

『黄泉がえり』
『CASSHERN』
『雪に願うこと』   
『ハチミツとクローバー』
『図鑑に載ってない虫』
『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』
『クローズド・ノート』
『あしたのジョー』
『カイジ2 人生奪回ゲーム』
『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』
『劇場版 MOZU』
『忍びの国』
『翔んで埼玉』

スポンサーリンク

■まとめ

伊勢谷友介さんの最終学歴は、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了です。

偏差値は、東京藝術大学美術学部デザイン科の偏差値60でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました