矢崎滋の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

俳優
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

矢崎滋さんが週刊女性PRIMEの取材を受け引退宣言 

本当の引退理由や現在の生活を語りました。

矢崎滋さんが話題ですね。

今回は、この矢崎滋さんについてググってみました。

矢崎 滋とは?

矢崎 滋

本名

矢崎 滋
やざき しげる

1947年9月2日生まれ
73歳
(2020年9月22日現在)

東京都世田谷区出身

身長
173cm

血液型
AB型

職業
元俳優

所属事務所
元東京芝居倶楽部

スポンサーリンク

■略歴

家族は公表していません。

東京大学文学部英文学科中退後、専門学校の舞台芸術学院夜間部を卒業。

劇団四季へ入団し俳優デビューをしています。

結婚し、30代で離婚しています。

スポンサーリンク

■学歴

小学校中学校は公表していません。

高校は東京教育大学附属駒場高等学校に進学しています。

卒業後は、東京大学文学部英文学科へ進学。

結果大学は中退となり、豊島区になる専門学校舞台芸術学院夜間部へ進学。

卒業後に劇団四季へ籍を置き俳優デビューとなります。

出身の、

スポンサーリンク

■デビュー後

舞台芸術学院(専門学校)の夜間部をへて、1968年劇団四季に入団、俳優となります。

浅利慶太演出の「ブラックコメディ」に出演、主演を務めます。

1973年

劇団四季退団後は、「小林一茶」など、井上ひさし作・木村光一演出作品に出演し、主演を務めます。

1987年

自ら東京芝居倶楽部を設立。

イギリス喜劇「ノーセックスプリーズ」「ノイゼズオフ」などを企画、演出。

その後、軽演劇を目指して、東京芝居倶楽部オリジナルロングコント 「正しい暇のつぶし方シリーズ」「すずらん通り商店街シリーズ」をはじめ、 「岸田國士勉強会」として岸田國士作品の上演を行う。

1998年からは「矢崎滋しろうと寄席」 として落語の上演など、年2回のペースで公演を続けました。

2009年2月

池袋演芸場の上席定席、落語協会の芝居にヒザ前に出演。

当時は落語ブームでもあり、連日立見となり、池袋としては異例の大入りとなった。

他に、単発の落語会へ落語家として出演した。

インテリジェンスあふれる俳優。やわらかい物腰のはざまから見え隠れする知性は本物で、翻訳者、そして福山大学客員教授として演技・演出論の教鞭もとっていた。

スポンサーリンク

■エピソード

60歳手前くらいから“相手にされなくなってきたな”と感じるようになって。

ギャラも下がってきた。

そうしたら芸能が嫌になっちゃった。

芸能が嫌ってことは東京も嫌となり東京を離れた。

スポンサーリンク

■まとめ

矢崎滋の学歴は、東京大学文学部英文学科を中退です。

その後、専門学校の舞台芸術学院夜間部を卒業しています。

その為、偏差値はありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました