前田敦子の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

タレント
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

元AKB48の絶対的エースで、女優の前田敦子(29歳)と、実力派俳優、勝地涼(34歳)が互いに弁護士を立てて離婚協議に入ったことが1月29日、分かった。

複数の関係者の話を総合すると、夫妻は冷却期間を設けて話し合いを続けてきたが、関係修復は不可能と判断。2019年3月に誕生した1歳の長男の将来を最優先に考え、離婚協議を進めているという。

前田敦子さんが話題ですね。

今回は、この前田敦子さんについてググってみました。

前田敦子とは?

前田 敦子

出生名

前田 敦子
まえだ あつこ

1991年7月10日生まれ
29歳
(2021年1月30日現在)

千葉県市川市出身

身長
161cm

血液型
A型

職業
女優、歌手

所属事務所
株式会社太田プロダクション

スポンサーリンク

■略歴

家族は父親と母親、3歳上の姉がひとりで4人家族です。

子供の頃は家が小さかったので姉と外で遊ぶことが多かったです。

2005年10月30日

「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募し、柴咲コウの「Glitter」を歌い合格した。

応募総数7,924名、最終合格者は24名でした。

12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場のグランドオープンの舞台に立った。

スポンサーリンク

■学歴

小学校は市川市立新居浜小学校に入学しています。

小学校高学年の時に同世代の子供たちがティーン雑誌などに登場しているのを見て、漠然と芸能界への憧れを持っています。

中学校は千葉県の市川市立第七中学校に進学しています。

中学校2年生の時にAKB48のメンバーになりデビューしています。

高校は東京都の日出高等学校(偏差値42)に入学しています。

日出高校では同じAKB48に在籍した板野友美さんや柏木由紀さんと同級生でした。

高校に入学した年にNHK紅白歌合戦に初出場。

当時前田さんはセンターポジションを務めており、既にグループのエースになっていました。

仕事が非常に多忙になったことから、前田さんは通信制の晃陽学園高校(こうようがくえんこうとうがっこう)に転校して卒業しています。

スポンサーリンク

■デビュー後

2005年12月

AKB48としてデビュー。

2006年

「ですよねぇ」でテレビドラマ初出演。

2007年

「あしたの私のつくり方」で映画初出演。

2008年

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」で連続ドラマに初主演。

2011年

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーのマネジメントを読んだら」で映画初主演。

2011年「Flower」でソロ歌手デビュー。

2012年8月

AKB48を卒業。

2013年

「幽かな彼女」でAKB卒業後、初の連ドラ出演。

2013年5月

映画「クロユリ団地」で主演。

2014年

「太陽2068」で舞台初出演。

その後は、「信長協奏曲」や「ど根性ガエル」、「神さまの言うとおり」「シン・ゴジラ」などの話題のドラマや映画に出演した。

2018年7月

俳優の勝地涼と結婚した。

2019年3月

第1子男児の誕生を発表。

2020年12月31日付で所属事務所・太田プロダクションとの契約を終了した。

■まとめ

前田敦子さんの最終学歴は通信制の晃陽学園高校を卒業です。

偏差値はありませんでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました