李 麗仙(り れいせん)の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

女優
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俳優の李 麗仙(り れいせん)が肺炎のため、201年6月22日に亡くなりました。

79歳でした。

実息の大鶴義丹は、所属事務所の株式会社ケイダッシュを通して、「唯一無二のアングラ女優人生を全うして、一片の悔いなき人生だったと思います。」とコメントした。

李 麗仙(り れいせん)さんが話題ですね。

今回は、この李 麗仙(り れいせん)さんについてググってみました。

李 麗仙(り れいせん)とは?

李 麗仙(り れいせん)

本名

大鶴 初子
おおつる はつこ

1942年3月25日生まれ
79歳
(2021年6月25日現在)

東京府出身
東京府は、1868年(明治元年)から1943年(昭和18年)までの間に存在していた日本の府県の一つ。

身長
162cm

血液型
A型

職業
女優

スポンサーリンク

■略歴

在日韓国人2世の両親のもと、東京府で産まれた。

日本名は、星山初子(ほしやま はつこ)

1967年

演出家の唐 十郎と結婚。

1968年4月

長男、大鶴義丹を出産。

1975年

日本国籍を取得し、本名を李初子から大靏初子に変更。

スポンサーリンク

■学歴

小学校、中学校は公表していません。

高校は東京都立広尾高等学校(偏差値不明)に進学し卒業しています。

高校卒業後は、豊島区にある舞台芸術学院(ぶたいげいじゅつがくいん)専門学校に進学。

1963年

舞台芸術学院を中退。

唐 十郎が設立した「状況劇場」に参加する。

スポンサーリンク

■デビュー後

1966年

土方巽の斡旋で唐 十郎と共に金粉ショウダンサーとして全国のキャバレーを回り生活費を稼いだ。

舞台での個性的な演技で「アングラの女王」と呼ばれるようになる。

1967年

演出家の唐 十郎と結婚。

1968年4月

長男、大鶴義丹を出産。

1988年4月

唐 十郎と離婚。

1995年

『3年B組金八先生』第4シリーズで、「坂本金八」役の武田鉄矢と対立しながら演じた教頭役「石川千春」が好評を得る。

2019年

脳梗塞を患い療養、リハビリに励んでいた。

2021年6月22日

肺炎のため、東京都内の病院していた。

最後の舞台は、2017年の「六条御息所」となった。

スポンサーリンク

■まとめ

李 麗仙(り れいせん)の最終学歴は舞台芸術学院中退でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました