柄本時生

俳優

柄本時生の学歴と経歴 出身小中学校高校や大学の偏差値

俳優の柄本時生(30)と女優の入来茉里(30)が16日、入来の30歳の誕生日に入籍した。 二人は08年にドラマで共演、2019年の秋ごろから本格交際をスタートさせたようです 今回は、この柄本時生さんについてググってみました。 柄本時生とは? 柄本 時生 えもと ときお 1989年10月17日生まれ 30歳 (2020年2月23日現在) 東京都世田谷区出身 身長 176cm 血液型 O型 職業 俳優 所属事務所 ノックアウト ■略歴 家族構成は父と母と6歳上の姉と4歳上の兄がひとりいます。 4人姉弟です。 俳優一家で、父は柄本明、母は角替和枝、兄は柄本佑です。 母の角替和枝が沢田研二が大好きで、ヒット曲の「TOKIO」が名前の由来だ。 2003年 145歳の時映画「すべり台」のオーディションに兄の代わりに応募し合格。俳優デビューとなる。 ■学歴 小学校は世田谷区立下北沢小学校に入学しています。 小学校では運動が大好きで野球していたと答えています。 中学校は東京都町田市にある和光中学校へ進学しています。 中学校では野球部に入っていました。 ピッチャーとして活躍し町田市内の大会では優勝しています。 高校は和光高等学校(偏差値50)へ内部進学しています。 高校では学級委員を務めていました。 高校でも野球をやりたかったのですが芸能活動が忙しくなりあきらめました。 高校時代では居酒屋でバイトをしていました。 大学へは進学していません。 ■デビュー後 2008年 『俺たちに明日はないッス』で映画初主演。 兄の佑とともに演劇ユニット『ET×2』を結成する。 2010年 ドラマ『Q10』では父親の柄本明と親子役で共演。 2011年 連続テレビ小説『おひさま』では幼馴染のタケオ役を演じ、母親の角替和枝と親子役で共演。 また、後に兄の柄本佑の妻となる安藤サクラとも夫婦役を演じている。 2016年 17歳の時、連続テレビドラマ「初恋芸人」で初主演。 2020年2月16日 ドラマ『私は一本の木に恋をした』(FBS・2008年放送)での共演で知り合い、交際していた女優の入来茉里と婚姻届けを提出した。 この日は入来の30回目の誕生日となる。 ■主な作品 テレビドラマ 『Q10』 『おひさま』 『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』 『わたし、定時で帰ります。』 『いだてん〜東京オリムピック噺〜』 映画 『俺たちに明日はないッス』 『スラッカーズ』 『蟹工船』 ■まとめ 柄本時生さんの身長は176cm。 学歴は和光高等学校卒業で、偏差値は50でした。
タイトルとURLをコピーしました