大相撲

未分類

大相撲・勝武士幹士新型のウイルス肺炎で…

日本相撲協会は13日、大相撲の三段目力士の勝武士(しょうぶし)(本名・大森清孝さん、山梨県出身、高田川部屋)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日死去したと発表した。 28歳でした。 新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。 厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしている。
タイトルとURLをコピーしました